ストックオプションと自社株購入権

ストックオプションや自社株購入権と言う言葉、聞いたことがありますか?
元はアメリカで活用されていたものですが、1997年の商法改正によって日本でも活用可能になりました。

「ストック」とは株を指し、「オプション」とは事前に設定した条件に従って行使される権利を指す金融取引用語になります。
つまり「ストックオプション」とは、自社の株をあらかじめ決めておいた金額で購入することが出来る自社株購入権のこと。

ここでは、ストックオプションを付与し、自社株購入権を行使することで具体的にどのようなものであるのかについて説明しましょう。

権利行使価格

まず株価が権利行使価格を上回っている状態の時に権利を行使すると、自社株を安い価格で購入することが出来、さらにそれを売却すればその差額が利益につながります。

では、逆に下回っている場合はどうでしょうか。
損をすると思われがちですが、実はそうでもありません。
なぜならば、その権利を行使しなければ良いのです。

Copyright (C) 2013投資を始める前に All Rights Reserverd.